--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015/05/06

フランス語の試験

GWもあと一日で終わり・・・。
そんな中、注文していた本が届きました・・・。

これ。


(↑クリックするとアマゾンにとびます)

ふふふ。買っちゃいました。仏検1級の過去問。

あ、私のフランス語レベル。今からこれを目指そうかな。というくらい
しかも、まだまだ先は長そう~という感じ^^;;

慶應通信の卒業と、仏検一級合格。どちらが先かな?

まあそれはいいとして。
実はわたくし、問題集を買うのが大好き
これと並行して、こちらも。



なので今とてもウキウキしているところです♪

さて、日本で行われているフランス語の試験といえば、仏検。(実用フランス語技能検定
試験)5級から1級まで、年に2回試験が実施されています。準1級と1級は年に1回のみ
です。

そして、私がフランス人の先生から、受けてみたら?と勧められたのが、それとは別の
DELF DALF
という試験なのです。

これは・・・
DELF・DALF とは、フランス国民教育省が認定した唯一の公式フランス語資格(ディプロム)で、一度取得すれば無期限有効です。自分の フランス語の能力や知識を証明書として形にすることができます。

DELF(デルフ・フランス語学力資格試験)/DALF(ダルフ・フランス語上級学力資格試験)は、CIEP(国際教育研究センター)が認可した試験センターでのみ開催されます。

というもの。(ホームページより抜粋しました。)

ホームページはこちら↓
DELF DALF

ちなみに各試験のレベルは

DELF A1→仏検3級
DELF A2→仏検準2級
DELF B1→仏検2級
DELF B2→仏検準1級

DALF C1-2 →仏検1級

くらいと言われています。
そして、DELF B2以上をとると、フランスの大学で
勉強するためのフランス語能力試験が免除になるそうで。

わたくし、フランスではこっちの試験の方が通用するよ。と言われてすっかりその気になって
しまいました

というわけで、まずはDELF A2、それから一か月後の仏検準2級も、続けて受けることに。
で、その後もちょこちょこ試験を受け続け、現在に至っております。
(今DELF B2と、仏検準一級まで合格したところです。)

途中ときどき、まあこれでいいか~とお休みするときもありましたが、やっぱり先に進みたい
な。とモチベーションを保ち続けることができました。

そして、勉強を続けたおかげで、よいことがたーくさん!
(人生が変わったといっても過言ではないでしょう♪)

留学とかもしなくても、とりあえずここまでは来れた(まだまだ発展途上ですが)私の、
DELF、仏検の勉強法を、次回からご紹介したいと思います。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。