2016/03/03

歴史哲学は難しかった!

歴史哲学のレポートもどうにか提出しました。
しかし、難しかったなあ~。

どう難しかったかといいますと。

哲学的レポートを初めて書いたのですが、自分の言葉にできないこと
多々あり。
哲学的用語とか、そのまま書いていいのかなあ~とか、そのあたりから??
です。

本を読んで、なるほど、こうだからこういうことなのね、と理解したつもりでも
それを自分自身の言葉に変換できません^^;;
他に言いようがない?といいますか

なので全体的に、「まとめ」的なレポートになってしまいました

これでいいのか

とにかく評価を待ちましょう・・・。


ところで、ヘーゲルさんの歴史哲学講義はけっこう面白かったです。
自分の哲学を説明するところは、同じ概念と思われるのに、どんどん言葉が
変わってきて(たぶんね)あれあれ?なんだったっけ、と何度も読み直す必要
がありましたけど^^。
こういう考え方って、なんだか現代のスピリチュアルな方々の言ってる事と、
同じような気がするな~。
やっぱりキリスト教の影響大なんだな。現代でも。

なーんて思っちゃいましたよ。
あくまでも、私の解釈ですけど^^。

レポのお題的問題が出ればいいけど。。。
試験対策、いろんな説をまとめなきゃ!


↓ランキングに参加しています  ありがとうございます

にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント