--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016/03/31

失われた時を求めて

本日は二十世紀のフランス文学をまとめております。
なんとか今日中に終われるかな?と思いつつ・・・。

二十世紀のフランス文学の代表的作品である、『失われた時を求めて』。
テキストの解説をまとめながら、読みたくて読みたくてたまらなくなってきました。

しかし、これは本当になが~い長い作品!
文庫で、出版社にもよりますが、全10巻とか13巻とか。
これは、なかなかおいそれとは読めません^^;

でも、日本にはこのような、いいものがあります!



まんがで読破シリーズ!
1冊でコンパクトに、文学の香りに触れられる~
ブロガーのnonoさんが、これについて以前書かれていたのを思い出しました!

というわけで、今日はこの作品をついついKindleでダウンロードして、
読んでしまいました

フランス人の友人に話してたら、まんが1冊で!とすごく驚いてました。
フランスではドラマ化されていて、それもすごくいいから見てみたら?とおすすめ
されました。



これは、撮影風景をインタビューを交えながら紹介したものですが、これだけでも
なんだかこの作品の雰囲気を味わえる!
(あと、けっこうまんがで描かれていたキャラクターが似てる!)

試験勉強の途中ではありましたが、横道にそれつつも時代を感じ取れて、
これが出たらけっこう書けるかも~

さ、もうちょっと今日も勉強続けましょう~。

*あ、プロフィールの欄に、はじめはJe vais m'avancer と書いていたのですが
Je vais avancer, に書き直しました^^; 
s'avancerにすると、リスクを取りつつ何かしたりする~みたいなちょっと違った
ニュアンスになるようです。確かめてみて、よかった!


↓ランキングに参加しています ありがとうございます

にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ
にほんブログ村




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。