2016/06/24

ロシア文学試験対策*苦闘中

試験勉強ではあるけれど、ロシア文学、楽しく学習中
前にも書きましたが、テキストがいいので、読むのが楽しい!

過去問を見たときに、あるテーマに沿って作家や作品をいくつか選び、論じる、
みたいな感じなので、内容もしっかりチェックしないといけません。

テキストで足りない分は、ネットで探して、詳しいあらすじ読んだり。
漫画で読破シリーズでドストエフスキー読んだり。
(邪道ですが仕方ない。)

面白い!
面白いのですが・・・難点が一つ。

名前が覚えにくい・・・

ロシアの名前って覚えにくいのですよね・・・。
人名とか、地名とか・・・。

なので、似たような語感の言葉を探して、なんとかこじつけて覚えるように
しています^^;

例えば、「ムチェンスク郡のマクベス夫人」だと・・・チェチェンとかチャウセスクとか
知ってる名前を思い浮かべたりとか。
(もう、さすがに覚えたけど、このムチェンスクがなかなか頭に入らなかったんですよ~)
(しかも、あとで確認したらムツェンスクだった、微妙に違うし・・・^^;)

しかしその似た言葉すら、ぼーっとしてたら出てこないことも

ど忘れ、ということがないように頭に叩き込まなければ~。

ラスコーリニコフ・・・ネフリュードフ・・・レールモントフ・・・レスコーフ・・・^^;;;;
あ、全部フがつくな~。

↓ランキングに参加しています ありがとうございます

にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

だいじょうぶだよ

だいじょうぶ、名前なんか問う問題、出ないから。それより、自分が好きな作品を論述できるように選んでおくことと、全体の流れをつかむのが大事。
 よい作品、好きな作品と出逢えるとよいね。

まさこさま
コメントありがとうございます。
そうですね、それにしても、論述するときにやっぱり名前も当然ながら書かなければならないし、
私の場合、ど忘れとか、十分あり得ることなので・・・^^;;

がんばります♪

moi aussi

まめじろうさま、

人名や本の題名を覚えるのが、私も大変でした。それから、歴史的な背景をつかんで流れ等を把握することにもちょっと苦労しました。範囲も広いですし。

でも、「ロシア文学」のテキスト、想像力を刺激してくれて楽しいですよね。
Courage!

Re: moi aussi

響子さま、コメントありがとうございます。
ロシア人の名前難しいですよね。似てる名前もけっこうあったりして。
すごくおもしろいだけに、だれもが重要人物みたいな気がして、結局
全部覚えなければって感じになってます。

といいながら、こればっかりやってたので少々飽き気味・・・^^;

merci beaucoup !