2016/09/30

近代ドイツ演劇レポ*まさかの・・・

1泊だけフランクフルトで過ごし、訪ねたゲーテハウス。

IMG_2465.jpg

戦争で破壊されていたゲーテの生家を完全に復元したそうで、近代ドイツ演劇
レポでずいぶんゲーテについても記述したので、ぜひ行ってみたかったのです。

そこを訪れていた多くの方々は、たぶん中国からと思しき皆さま・・・。
しかし間髪入れずに受付の方が私に日本語パンフレットを差し出しました^^。
すごい眼力・・・。

まあそれはいいとして、帰宅したらレポートが帰ってきていました。

ドキドキしながら中を見てみると・・・。

あ、あれ?
白紙?
コメント欄に一文字も見えなくて真っ白いまま・・・??

そして結果は表紙に合格の文字が・・・??

コメントが少ないという噂の新西洋史概説Ⅰでも、たくさんコメント書いてあった
のですが。
これは、初めての体験

可もなく不可もなくって感じなのかしら。

ドイツで盛り上がっていただけに、ちょっと残念でした。
合格だから、よかったけど

ゲーテと言えば、前の記事で書いていたドイツの大先生から、ドイツ語で
ゲーテはどのように発音するのかレクチャーしてもらいました。

とっても難しい発音なので、日本でも名前の表記の仕方でゲーテ学派?が
二分されちゃったのだとか。(ずいぶん昔の話ですがとおっしゃってましたが)

そして、どんな発音だったのか、もう記憶があやふやです^^;

しかしドイツのレストランの女の子のアウフヴィーダーゼンの発音がとっても
可愛かったので、ドイツ語少し始めようかな、などと思ったりしています^^。


↓ランキングに参加しています ありがとうございます

にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント