--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016/10/11

フランス文学史Ⅱ勉強していると

フランス文学史Ⅱの試験勉強やってます。

以前すでに19世紀のフランス文学Ⅰと、20世紀のフランス文学は履修済み
なので、個々の人物とか作品は、なんとなくまだ覚えている(かもしれない)
けど。

流れを説明するのが今一つのところがあるので、そのあたりをやらなければ。

批評とか、演劇とか・・・。

しかし、やってるとついつい、卒論に頭がいってしまいます。

まだ実はテーマ確実にこれと決まってなく。
考えていたのはやっぱりだめかな、変えなきゃかな、と思っているので、
ふらふらしているんですよ。
夏スクの時のフランス文学の先生が話されたことで、ハッとなって・・・。

フランス文学で書きたいので、どうしようと考えがそっちに浮遊する~。

で、突然文献探ししてみたり、塾生ガイド読み始めたり、本を注文したりと
違うことやってしまう~!

これはいけません

けっこうせっぱつまっているんですけど?!

やらねば~。あと少し。集中力を~



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。