--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015/05/24

フランス 不思議なchambre d'hôte(シャンブルドット)

次に取り組む科目はどれにしようかな~とわくわくしながらテキスト眺めて
います。

史学概論も早くやりたいし、フランス文学概説も楽しそう~
目移りします。

で、ぱらぱらフランス文学概説の、おとぎばなしの項目など見ていて、思い出し
ました。
フランスでの摩訶不思議な体験を~。


今日はそんなわたくしの、本当にあったお話。

2年前、わたしは友人と、フランスをあちこち車で旅しておりました。
で、ある日フランス中部のとある村を訪れて、そちらのchambre d'hôteに宿泊

chambre d'hôteとは、田舎の村の民宿のような場所。
趣向を凝らした、かわいい場所が多く、車があったらぜひ泊まってみたい所
なのです。

もちろん、いきあたりばったりではなく、入念に下調べして、レビューの評価が
とてもよかった宿を選んだのでした。

ついた場所は、こんな感じ。

P1100172.jpg

よく田舎で見かけるような、かわいらしい所でした。

古い趣ある建物に、アンティークな雰囲気の調度品。
そちらのマダムがまた 年のころは60歳くらいなのですが、こんな美しい人、
初めてお会いしました!というような本当に美しい方で。
画家さんらしいのですが、美しすぎて、なんだか小説の世界に迷い込んだ
かのような気持ちにさせられました。
服装も、ラフな感じなのに、どこか貴婦人のような~。


しかーし。
それとは対照的に、そちらのご主人の、なんというか、俗っぽい 雰囲気?

なんかアンバランスだなー?と勝手な感想を抱きながらも、ディナーの時間
となりました。


さて、この時こちらに宿泊していたのは、わたしと友人(フランス人)、それと
時々ここに泊まりに来るのよ~という、フランス人老夫婦。それからベルギー
から来られたという、ご夫婦でした。

ディナーのテーブルは、長ーい長方形で、全員一緒に。そして、席順はご主人
が決めて、カップル^^;はそれぞれ離され、知らない方と隣同士になるという
ものすごいプレッシャー の中、始まりました・・・。

しかし、しかし・・・!!!


長くなりすぎたので、続く~



↓ランキングに参加してみました

にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ
にほんブログ村

にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ
にほんブログ村







スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。