--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015/07/25

高速鉄道TGVの車内で社会の縮図?を見た・・・

時差ボケが続いております。
昨日は昼寝しないで一生懸命活動していたので、無事夜には眠くなっていたのですが、
12時ごろ息子からの電話で起こされてしまった・・・。
ねむれなーい。

さてさて、勉強には全然関係ないのですが、フランス高速鉄道TGVの車内で遭遇した、
フランスらしい?出来事について書いてみます

アルプスのふもと、アヌシーという街からパリに戻る4時間の列車旅でのこと~。

この時私はゆっくり車内ですごしたくて、ちょいと奮発して、1等の切符を手配しており
ました。

そして私たちの前の席にやってきたのは、2人の赤ちゃんを連れた若い夫婦・・・

いや、とってもかわいらしい赤ちゃんだったのですよ。
何度もこちらの席に顔を出して、にこにこ笑いかけるかわいい男の子。
それと、まだかなり小さい妹?かな。生後数か月という感じ。
お父さんは一生懸命お兄ちゃんの方の相手したり、時には飽きさせないように歩き回ったり。

しかし、すぐに赤ちゃんたちは不機嫌になり、めそめそ、ワンワン泣いたり大声出したり

し・か・も・それだけではない!その後わたしたちの後ろにやってきたのは、とっても高齢な
おじいさんと、その娘さんといった感じの2人連れ。

そのおじいさんがすんごく声が大きいそして、何度も何度も同じことを繰り返す・・・。

「Ma chérie マシェリ~ マシェリ~(奥さんとか恋人に言う言葉)」と何度も娘さんに
話しかけ、娘さんイライラ

「もうやめて!わたしはあなたの娘よ!ママはもうずいぶん前に亡くなったでしょ!
大事なことだから、間違えないで!!」

「ああごめんよ~、私の大事な娘。ところでわしの切符はどこにあるのかな?」

「もうやめて!わたしが持っているから。何度も聞かないで!みんなに迷惑だから、
お願いだから静かにしてちょうだい!」

こ、このやり取りがエンドレスでずっと・・・。娘さんそうとうイライラ

まあ、わたしはよいのです。
子どももいますし、老親もおりますから。日本もフランスも同じだなあ~。と思ったくらいで。
しかし、サンドイッチになってるこの状況、繊細な友人に耐えられるかな?

わたしの友人は、まだ若いですからかなり憂鬱そう
でもやさしいから黙って耳栓してた。

後ろで娘さんがイライラ。前でお父さんとお母さんがイライラ。なので当然、車内も。。。


そんな数時間がすぎて、やっとパリか~もうすぐ解放!と思っていると_。

とってもきれいな、若い娘さんが、いきなり大声で、その赤ちゃん連れのパパママの
ところにやってきてー
「ちょっと!いい加減にして!最悪!せっかく1等の切符買ったのに、ひどすぎる!
なぜ子連れで1等に乗るの!迷惑すぎる!」
と、大声で怒鳴り始めた

もう、売り言葉に買い言葉、パパママも、大声で

「やめて!ここでそんなこと言わないで!しょうがないでしょう!」

と応戦。けっこうなバトルがしばらく繰り広げられました

近くに座っていたムッシューが、なぜか、意見を求められてちょっとオタオタしてたり。

おお~。これはフランスっぽいぞ~。さすが

なんだか、いろいろ人生とか社会の縮図を感じてしまう、できごとだったのでした・・・。

このあと、なぜか私と友人もこの一件がもとで、めずらしく口げんかしてしまった
(友人曰く、そんなのけんかじゃない。ただの討論だ。とか言ってたけど。)

↓ランキングに参加しています。ぽちっと ありがとうございます


にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ
にほんブログ村

にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

まめさん、こんばんは〜。

何か、その場に居合わせると結構大変なシチュエーションなんでしょうけど、ちょっと笑ってしまいました。

それにしても、ムッシュー困ったでしょうね。

K子りんさん、おはようございます~。

そう、当事者としてじゃなく、旅行者としての目線で見るととても興味深かったですよ^^;
ムッシューは、話ふられて、
「いや、わたしは何も言ってないですよ!」的なもごもごっとしたこと言って、下向いてました。
フランス人にしては?おだやかな方でした^^。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。