2015/08/29

文学科目 どうやってすすめるか?

いま、19世紀のフランス文学のテキストを読んでおります。
とても興味深く、おもしろいのだけど・・・。
どうやって勉強すすめるか、悩みます。

恥ずかしながら、フランス大好きだし、フランス語勉強したりしているけど、
フランス文学あまり読んだことがない・・・

学生時代(大昔の)、サガンは好きでいろいろ読んだけど、文豪の作品は・・・
スタンダールの『赤と黒』のみ~?(これはとても好きだった)
あ、あとフランス語の勉強でモーパッサンとかカミュとか^^;;;

しかしテキスト読んでたら、読みたい本がたくさんたくさん出てきてしまった。

でもでも、読みたいの全部読んでたらレポートまでなかなかたどり着けなさそう

ここは割り切って、自分が選んだ本1冊(まだ読んでないけど選んでみました)だけで
書いてみるか。

それとも、何冊か読んでその中からレポートにする本選ぶか?

もちろん、きちんと勉強するには数冊読むべきでしょうが。
しかし時間かかるなあ~。

に、にさつくらいは読んでみるかな;;;;;

とにかくレポート関係なく、これからいろんな文豪の作品読んでみたいな。

フランス文学への扉がひらきました

しかし、邪道な悩みだ。


↓ランキングに参加しています。ぽちっと ありがとうございます


にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ
にほんブログ村

にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

まめさん、こんばんは〜

文学は、時間がかかりますけど楽しいですね。
入学前に、作品をたくさん読んでおくべきだったな、と思います。
そして、昔読んだ本の内容は…きれいさっぱり忘れているという…。

『歴史哲学』をまだ引き摺って、だらだらしていますが。。。
ちょっとコメントなど残してみました。。。

K子りんさん、おはようございます!

確かに、入学まえに文学作品読んでおくべきでしたね!
ま、しかしこうやってゆっくり進んでいくのも、ワタシ的にはありかな、と(^^)
テキストとか参考文献読んでなかったらきっと手を出さないままだったろうし。。。
史学概論先に読んでたのもまたよかった気がします。

歴史哲学、がんばってください!